導入事例

保育業

そらまい保育園/株式会社ラークネクスト

ご家庭との細かなやりとりも素早くスムーズに

  • 導入ITツール
  • 保育園・幼稚園ICTシステム

地域の企業と提携し、契約企業のパートやアルバイトといった非正規雇用の人でも安心して子どもを預けられる“企業主導型保育園”を茨城県常総市で開園した井上さんは、こう言います。



「娘がほかの保育園で保育士をしているのですが、 家に帰ってきてからも、毎日のように書類仕事に追われていました。 朝は親御さんからの電話の対応に追われ、登園の手続きを済ませてからは子どもの相手をし、おやつや昼食が済んで、午睡のわずかな時間で壁に飾るお花や動物の切り絵を作ったら、午後は午後でお迎えの時刻まで全力で子どもたちと遊ぶ……。こんな様子では、 書類を作る時間なんて、どこにもありません。 そこで、私の園では、開園と同時に専用のITツールを導入しました」。


保育園や幼稚園の予定表にあたる“日案”や“週案”の作成ソフト、身長・体重の増減が一目でわかる発育記録、園の玄関に取り付けたタブレットで登降園の時刻を記録する仕組み、子どもの急な体調の変化などもスマホのアプリを通じて親御さんに即座に知らせるシステムは、 子どもを預けている家庭に安心を、そして、保育園と保育士さんには効率化をもたらしたといいます。



「20年のキャリアをもつベテランの保育士さんも、 すぐに使いこなせるようになり、書類仕事にかかる時間が1日で2時間以上短縮できたことで、うちでは、すべての保育士さんが定時で帰ることができています。 ITを利用して業務を効率化することで、日本の幼児保育の現場は変わると信じています。 保育士さんがのびのびと働けて、子どもがすくすくと育つ……そんな保育園を作るのが、私の夢です」。

取材協力:株式会社スパインラボ

友達にシェアする